6月2日は織田信長の命日

昨日は偶然にも信長公忌だったので本能寺へ。

b0054329_07145014.jpg


河原町通のビルの狭間に裏門がある。

b0054329_07145104.jpg


b0054329_07145234.jpg


本能寺の変は、天正10年6月2日未明に勃発。

御廟で手を合わせる。

b0054329_07145335.jpg


b0054329_07145568.jpg


本堂では法要の後にイベントが行われているようだった。

でも、末裔の織田信成くんはいなかった。



その前に金閣寺近くでうどんを食べたが、思いの外美味しくて、期待していなかったのでびっくり。

b0054329_07145652.jpg


b0054329_07145760.jpg


暑い日にぴったりの冷たいうどんだった。

美味しかった。ごちそうさま。

詳細のお話は東京に帰ってからね。


どちらさまも美味しくて素敵な週末でありますように!




[PR]
Commented by f15eagle_coco at 2017-06-06 10:50
おお、本能寺!
本当に「のう」の漢字に
「ヒ」(火、を連想する?)が使われてないんですね!
まさしく今日、という日にその場に身をおくと
なんとも、ゾクッとするような気がします。

旅、いいですねぇ。
歴史がはっきりと見える場所に行くのは
すこし畏れも感じるけれど、
そのまま地続きの「今」を感じることが出来て
とっても好きな瞬間です。
motoko’s食べレポも、たまらん!です(*´ω`*)
Commented by golmeg at 2017-06-06 17:29
> f15eagle_cocoさん
何度も火災になったから「ヒ」を嫌ったのだそうですね。

本能寺は以前は違うところにあったらしいですが御池通、河原町通のすぐそばにあり、賑やかなところにありながら境内はひっそりしているようです。
ただ自分が訪問した時はたまたまの信長公忌だったものですからファンがいっぱいいました。

京都を歩けば歴史に触れることができるので楽しいです。
本能寺のそばでは桂小五郎はんがいましたし、裏手には山本覚馬、八重の住居跡がありました。
そして三条大橋のたもとには秀吉の甥にあたる秀次と、鴨川沿いで処刑されたその一族のお墓もありました。
改めて今の幸せを感じる旅行でしたよ。
by golmeg | 2017-06-03 06:58 | 旅行 | Comments(2)