「日本ばし やぶ久」でかき揚げせいろ oishii

日本橋での一人ランチは、日本橋交差点から永代通りを呉服橋方面へと歩き、一つ目の信号を左に入ったところにある蕎麦屋。

訪問済みの「よもだそば」が混み合っていることを確認し、
うっかり通り過ぎてしまいそうな間口一間ほどの「やぶ久」(やぶきゅう)の暖簾をくぐった。

日が当たらないせいか暗めの店内に入ると「お二階へどうぞ」と威勢のいい若女将的婦人に促されて「よいしょっ」と言いながら二階に上がった。

b0054329_08182285.jpg

二階の二人がけテーブル席に着席し、メニューをざっと見ると、
どうやらカレー南蛮が売りのようで、辛口、大辛口、激辛もあるようだった。

そのほかに、ランチにはそばとどんぶりのセット物もあるようだったが、
そこからは目を離し、かき揚げせいろを注文した。

b0054329_08184677.jpg

そばつゆにはたっぷりと三つ葉も入っている。柚子も入っている。

b0054329_08192274.jpg

かき揚げの土台部分と上におまけのように乗った揚げ玉の色が違うのが気になったが、
分厚いながらもさっくりした感じがある。

一見、かき揚げのアートネーチャーな感じだと思いながら一人クスクス。037.gif

玉ねぎと、白海老とホタテを確認した。034.gif

白海老の風味とホタテの旨味が口いっぱいに広がった。016.gif

そのあとに仕事がなければ方向性は日本酒へ突入な気分だった。037.gif

b0054329_08190113.jpg

さて、それではいただきます!

めんつゆは若干甘めとみた。

いやー、美味しかった。

お会計を一階で済ませると、若女将的婦人の「お味はいかがでしたか?」との質問に「美味しかったですよ」と返答した。

創業明治35年。日本橋で四代百年の老舗ながらも「暖簾にあぐら」の感じがないところに好感度アップした。

その姿勢を見て自分も謙虚に生きなくてはいけないと思って店を出た。

日本橋の風はまだ冷たかった。


b0054329_08200477.jpg

060.gifあの素晴らしい蕎麦をもう一度060.gif



どちらさまも美味しくて素敵な週末でありますように!029.gif


ランキングに参加しています。クリックしてくれるとうれしいワン。
b0054329_11524948.jpg
にほんブログ村

[PR]
by golmeg | 2017-03-18 08:58 | 人形町・浜町・日本橋 | Comments(0)